学習科学ハンドブック 第4章 メタ認知 メタ認知に関する3つの知識

  • メタ認知は、簡単にいうと、自らの心の内容や過程について考えること。
  • 認知の特徴を記述する場合の認知のことを指す。
  • 日常的な行動や課題解決から、特定分野の上達まで重要な関わりをしている。

  • 思考関係の課題を解くときに、以下のようなときに発生する。

    • 事前:
      • 知識やスキルが利用できるか予想する
    • 事中:
      • 進捗の確認
      • やり方が上手く行っているか
      • 進捗を改善するために方法を変えるか考える
    • 事後:
      • 学習を振り返る
      • どのくらい効果的か評価する
      • 似た課題に使えそうか考える
  • メタ認知に関係する3つの知識

    • 宣言的知識
      • ”これが当てはまる”という形の命題
      • 内容
        • 自己効力感についての信念
        • 知識についての信念(認知論的信念)
        • 課題についての信念
        • 戦略が使えるかどうかの信念
      • 例えば、パリはフランシュの首都である
    • 手続き的知識
      • 課題を遂行するために必要な方法についての知識(ノウハウ)
      • 例えば、検索事に「”」でくくると1単語として扱われるなど。
      • 特定領域に特化したものも、一般的につかえるものもある
    • 条件的知識
      • ある命題が当てはまる設定
      • いつ、なぜ宣言的知識および手続き的知識が課題に関連しているのか知っていること
        • なぜ、作戦が有効なのか
        • いつ適応するのがよいのか
      • ある手続きが目標達成にとって適切かどうかの知識
      • IF−THENルールで記述される
      • 例えば、太字の単語は覚えたか確認することが重要
  • 3つの知識へのメタ認知

    • メタ認知的宣言的知識
      • 当該知識を持っていることを本人が自覚しているということ
      • 例えば、「『パリはフランシュの首都である』ということを知っている」ことを知っている
      • 宣言的知識が言語化される
      • メタ認知的宣言的知識を持っていても、適切な戦略を使えるとは限らない
      • 戦略が使えないときは、環境の要因で、動機づけや能力が損なわれている
    • メタ認知的手続き的知識
      • 適応は経験を通じて発達
      • 馴染みのある問題では自動化される
      • 手続き的知識の学習過程
        • 初めは非常にメタ認知的に意識的
        • 習得されると意識的な注意やコントロールが不要になる
      • 宣言的知識とくらべて、メタ認知的には気づきづらい
      • 慣れてしまうと気づけなくなるので、初期学習時に手続き的知識を顕在化、外化(手順書)などするのが良い
      • 手続き的知識を持っていることがどれだけ自分の行動に影響を与えているかは気づいてないことが多い
      • 手続き的知識を変える場合には、手続き的知識に対するメタ認知的気付きを与えるのが良い
    • メタ認知的条件的知識
      • 条件的知識がないと、宣言的知識が有効にならない
      • 馴染みがない問題や、複雑な問題や文脈で、戦略を適応させたり転移させるのに重要
      • 戦略のプロセスをモニターして戦略の適応方法を変更することが必要
      • 複雑さ、不確実さ、曖昧なフィードバックを扱うとき、文脈条件か、条件的知識、自己効力感の知識が必要になる

教育心理学概論の「わかりやすい説明がバブル型の知識を生む」を職場の実情と照らし合わせる

教育心理学概論では、わかりやすい説明がバブル型の知識を生むとのことだった。 そこで、職場での応用を考えてみた。

バブル型の知識とは、科学的な概念や原理原則を理解している教師が、生徒に対して分かりやすく説明することで発生するとのことであった。これは、生徒の経験と結びつかないことが原因で発生するようである。 バブル型の知識になると、2つの問題があり、使われないと忘れやすいこと、文脈が違うと使えなくなることである。

たとえば、等速直線運動について説明を受けたところで、普段のボールを蹴った経験は途中でボールが止まってしまうからである。

また算数において、理想的な状態は三角形の面積がどうして底辺かける高さ割る2になるかを自分の言葉で説明できる状態だそうである。 しかし、これを理解せずとも、三角形の面積の求め方を覚えて、三角形の面積の求められるように訓練できる。 これは、バブル型知識になっているといえる。 そうすると、未知の問題、例えば台形にであったときに三角形が2つあると解釈することが発生しづらい。

職場では、このようなことがあるだろうか。 職場で考えると、むしろ多く発生しているのは、三角形の面積の求め方を先輩から教えられて、そのまま三角形の面積を求める作業をし続けているのではないだろうか。 その人がもし成長したら、台形からの面積の求め方、長方形からの面積の求め方など、少しつづ教えていくことで作業を身に付けさせていく。 こうすると、文脈が違う場面で応用が効かないので、実は三角形の面積の公式を使わないほうがいい場面でも適切な知識を選べないことになったりする。

プログラムの書き方、など先輩のやり方を見ながら真似をしていく。先輩に質問をしながら問題を解いていくなど、多くの場面で見受けると言うか、むしろ最後までそれで終わってしまう。 しかし、意味を理解していない場合、別の場面でもおなじことをして怒られながら学んでいく。

その作業をするようになった成り立ちみたいなものを学ぶことはほとんどないかもしれない。 だから、どの場面で何を使うのが一番いいだろうと考えることもなく、日々を過ごしてしまう。

もう1つの困る場面としては、研修ではないだろうか。 研修でこういったマーケティングがいい、こういったマネジメントがいいと学んできたところで、 現場では起きていることが違うから、実施できないなと思って辞めてしまうのである。

これを解決するためには、この要素を使うことで自分たちの現場ではどのようなことができるかについて、検討するのが良いだろう。 多くの時間を使って、自分たちの現場での制約や文脈を加味しながら、どう知識を使っていくか。 また、上手くいかなかった場合は、何をするのが良さそうか検討することができると考えられる。

教育心理学概論2章 まとめ

教育心理学概論2章

  • 学ぶことも、分かることも、学習と呼ばれるが、それは区別しておいたほうが良い。
  • 外からは見ることができないが、人が心のなかで考えていることは多様である
  • 心のなかで起きることを認知過程という
  • 認知過程は、見たり、聞いたり、学んだり、分かったり、考えたり、思いついたり、感じたり、判断したり、すべて。

  • 様々な認知過程があること(1人の中でいろいろな認知がある)

  • 人によって色々であること(人によって認知過程が異なる)
  • 認知過程が学びによって変わっていくこと

  • 学んだ結果として、「分かっている」状態ができる

  • 「分かり方」そのものがまた学びによって変わっていく
  • 教育心理学的に考えるということは、外から見える活動だけではなく心の中で起きている認知過程の内容や質を検討すること。

  • 認知過程は多様だ。

    • 10×10=100と答えたとしても、覚えていたのか、足し算をしたのか、見たのは分からない。
* 認知過程によって、答えの出方や、学び方、分かり方が異なる。
    • お金を抽象的な数として認識している子は、100×100が10000だと理解できる
    • お金をお金として認識している子は、100×100が10000だと理解できないことがあった
  • 枠組みに当てはまらないと分からない
  • 何かが見えるようになるということは、どのような枠組みで対象を捉えられるのかに依存し、見え方も違ってくる
  • 枠組みを作り変えることが学ぶということになる

ということは、「分かる」と「学ぶ」の違いは、「分かる」ということは、枠組みに当てはまるときであり、「学ぶ」ということは、枠組みを作り変えることだろうか。

  • 街の中を歩き回りながら学ぶときは目的がちがうので、更に多様な認知過程が起きる
  • 始めていく場所か何度も行く場所かによっても起きることは変わってくる
  • 地図を見ながら歩く人もいたらWebから得た情報を頼りに調べない人もいる
  • 準備として計画を付くつときにも、調べたり考えたりする多様な認知過程がある。

  • 多様な認知過程が成立する中で効率よく活動できるようになることは学ぶことにあたる。

  • 最初はバスや電車を調べてメモを取るかもしれないが、同じ目的地に何度も行くと準備しなくても行けるようになる
  • 何度も同じ活動を体験することで、異動の方を学んでいく
  • 移動の途中に体験する情景が「表象」として心の中に蓄積されていく
  • いろいろな場所に行くという体験が、全く新しい場所に行く為に役立つものになっていく
  • 表象の変化は意識的に引き起こそうとして起きるものもあるし、活動しているうちに必然的に起きてしまうものもある
  • 枠組みが出来上がったり、枠組みが変化して街の見え方が変わることが学び
  • その学びが繰り返し起きることで表象が複雑になり適応範囲の人い分かり方が導き出される

  • リンダ問題でも、教育心理学的にはどちらが正解かではなく、人によって解釈に違いがあることを知ることが大事

  • 人は問題を解くときに特定の枠組みを使って解く
  • リンダ問題が、いろいろな枠組みを引き出す問題である
  • 人は自分が一旦1つの枠組みを採用してし合うと、他の枠組みを理解することが難しい

  • 先生が生徒の「分かりが悪い」と感じる原因の1つは生徒が問題を解くときに自然に持ち込む「枠組み」が違っているかもしれない

  • 教室内で、このような当たり前につかう枠組みが違うことが起きていても気づくのが難しい
  • 先生は、自分の使う枠組みの上でわかりやすい説明をすることではない
  • 生徒がどんな枠組みを自然なものだと考えているかを探ること
  • 探るためには、答えではなく、答えに至る考え方を話してもらうのが手っ取り早い

  • 学びの過程で私たちは何度も「考える」という活動をして枠組みを作り直し、「分かった」ことを使ってまた活動する

教育心理学概論の全体感

教育心理学を深く理解するために、各章を掘り下げるのではなく全体の主張を確認したい。

1部

1章 概説

  • 人は何かを分かるから学びたくなってくる
  • 教育心理学は、人が学び続ける学びの質をできるだけ高く、発展させようとしている
  • 自分の体験や直感をだけ頼りにせず、人はどういった過程を経て学ぶのか、何が共通なのかを考えるのがいい。
  • 人は科学的な概念や原理原則を教わっても、自分の経験則とつながらなければ別の文脈で使える理解にならない
  • 科学的な概念を経験則とつなげるには、実験、結果からの議論、抽象化、仮設づくりなどをするのが良い

2章 人が学ぶときに起きる「認知的」な過程に着目。基本的な仕組み。

3章 活動の中で人が学ぶ意味と効果。基本的な仕組みを通して実践ではどうなるのか。

4章 小さな子供の学び方や世界のモデルの作り方について学ぶ

5章 経験則を初期仮設として持つこともにどう働きかけるのか

6章 概念変化を起こすときに使えそうな認知過程(建設的相互作用)の紹介

2部

7章 遊びから何が学べることや、創意工夫による違い

8章 日常の経験の中から子供が学んでいることの確認

9章 職場ではどんな学びがおきているのかの紹介

3部

10章 問題を見つけて解きながらどんなことが学べるのか

11章 結果の予測を繰り返すことで起きる学びについての実践例の紹介

12章 教科書や経験則の断片的な知識から新しい答えを作る知識構成型ジグソー法

4部

13章 今の時代に養成される学びのゴールとはどんなものなのか

14章 新たな評価法を考えることで多様な学びに対応する

15章 隔週科学の基礎を概観して、研究者としての考え方を紹介する

各章の主張をまとめていて思ったことは、目次の章タイトルがあまりにも美しくて、まとめる必要があまりなかったのではないか、ということ。

自分の提供できるサービスをひたすら言語化してみる

マーケティングの研修において、自分のサービスを言語化した。

なぜ言語化するのか

自分のサービスに対してメタ認知しやすくする。自分に適したお客さんマッチングすること。

これをすることで、自分のサービスの質が大幅に上がった。 労働力を提供する場合、相手のお困りごとを解決するということをするが、 自分の売りを説明できないということは、よしなになんでもやりますということに受け取られかねない。

もちろん、風呂敷を広げることで、今回の仕事は自分のやりたかったものではなかったということに気づけるので、必要な十分な学びである。 しかし、失敗をすると、得られるものも減るし、相手からの満足度も下がってしまうであろう。 自分でサービスを提供していて、ある程度よしなにサービス内容を変えられるのであれば、サービス内容を言語化するのがいいだろう。

一概には言えず、こういう人には、こんなサービスをしていて、ああいう人には、こんなサービスをしている。 などが思い浮かぶのであれば、それも一つの重要な気付きである。 それそれの、こんなサービスを分割して、サービスとして言語化するのが良い。

面白いことに、これをすることで自分のやっていることをメタ認知することができる。 自分の提供しているのは、問題解決のサポートなのだ。のようになる。

どう言語化するのか

他のサービスや、自分で対処するのとは、どう違うのか?

「心理学を使っているため」のような権威付けるための説明をしないようにする。 これをすると、「心理学」というワードを知らない人、興味がない人からすると受け入れづらくなってしまう。 いろんな観点から気付きを促すような情報だったり、人間関係を良くするような事ができますよというふうに言うと良い。

とはいえ、心理学というワードが刺さって、そこから繋がる場合もある。 そう考えると、どこのセグメントに対して、どんなメッセージを伝えるか考えるのがいいのだろう。 想定するペルソナごとに、別の言葉を用いてサービスを紹介する。

美味しんぼ あらすじメモ

美味しんぼを分析するために、大まかな話の流れを抜き出してみた。

1、4話 平凡の非凡

  • 頼み事をするから、お礼に美味しいものをごちそうしようとする
  • 季節が合ってないものを食べさせられて怒る
  • もう一度ごちそうして美味しかったら、考えてくれ
  • 美味しい店を知っているのは浮浪者
  • 美味しい店に連れて行ったら、質素な料理が出てきて、怒る。
  • 実は、その料理は、その人の思い出に関わるような料理だった。
  • 大成功

1:5話 料理人のプライド

  • 最初は、社員食堂から始まって2ページで次のシーンへ
  • 料亭でフランス人のシェフに肉料理を提供する
  • 肉料理はフランスよりも美味しいと何度かいうとシェフを怒らせてしまう
  • モツは無いのか?とシェフに聞かれるが、捨ててしまうと伝える。
  • 山岡が美味しい大衆居酒屋のモツを提供し、スパイスを使わなくても美味くなると説明。
  • その後シェフの審査する料理コンテストへ。そこには社員食堂のコックもいた。
  • 勝戦前に、普段になるコック。
  • 山岡はいきなり牧場につれていき、一番良い牛の牛乳から生クリームとバターを。
  • 生クリームをバターはフランス料理で非常に重要
  • みごと、コックはコンテストで1人だけパリでの修行を勝ち取った
  • シェフは山岡の仕業だと見破り、後日上等な生ハムを送ってフランス料理の美味しさを伝えた。

1:6話 油の音

  • ライバル海原雄山登場
  • 雄山は、新聞社に山岡の能力が低いから辞めさせたほうが良いと伝える
  • 部長は、山岡の能力が高いと伝える
  • では、確認してみようと雄山。
  • 雄山のことが嫌いなことを強く印象づける
    • 雄山が嫌いな理由は、美食を重要な物事の1番に置いている
    • 士郎:人のために美食はある
    • 雄山:美食のために人がある
  • 天ぷら職人が天ぷらを作る前に美味しい天ぷらを作れる人を当てる
  • 4人を選び、作業の違いについて助手が違いに気づく
  • 士郎が、選別する観点について解説する
  • 雄山が油の音が変わったタイミングで手を上げてもらう
  • 士郎が重要なことを見逃してしまう
  • 雄山は、最も重要な揚げぐあいが変わったタイミングで見抜けているかを判断
  • 実食し、雄山のほうが上手いことがわかり、士郎は飛び出す
  • 究極のメニュー作りというおお仕事を断っていた士郎が、負けをきっかけに、やると言い出す。

1:9話 下の記憶

  • おばあちゃんが食べて、美味しくないって言い出す
  • 山岡がそれを聞いて、鶏肉ができるまでを見せる。
  • 美味しくないのは、向上で2ヶ月だけ閉じ込められているから、と気づかせる。
  • 美味しくないのは、このせいだったのね、と助手に言わせる。
  • 放し飼いにしているコストも高い鳥をたべる。
  • 板前も、このままでは店がだめになると行動。
  • 美味しい鳥を分けてもらって同じ料理にしたら、おばあちゃんが元気になって感謝された。
  • おばあちゃんが鳥を飼育することにして、値段をふっかける。ちゃんちゃん。

2:2話 活きた魚

  • 社長の家のパーティーで子供が美味しくないと言って問題に
  • その魚は生かされていたものの、取ってから2週間も何も餌をやっていない
  • それがわかった山岡は、もっと新鮮な魚を取って活け締めに
  • 助手栗田は、どうして殺してしまうの?となる
  • 食べたら美味しい
  • 偉い自分の前だったから言えなかった人もいるし、分からなかった人もいる。
  • なにか味が抜けたと思ったのはそれだったのか、と栗田

2: 3話 そばつゆの深み

  • そばと水にはこだわっているが、そばつゆが美味くない
  • 警察が許可証もってないと怒る
  • 刑事もそばを食べて、史郎と同じようにツユが美味しくないという
  • 刑事が、美味しい蕎麦を短期間で作ったら、許してやるという
  • タネは、そばが風味豊かすぎて、ツユがものたりなく感じさせるものだった。
  • 何度やっても美味くいかない蕎麦屋に、蕎麦屋の主人が食べに来る
  • そして、作り方を教えてくれといって、自分の店に招く
  • 教えてもらった後に、自分の店のツユの作り方を見せる
  • つゆを作るときに、砂糖と醤油を混ぜて3週寝かせる工程や、鰹節を厚く切って煮詰めるなど、工夫を見せる
  • 自分に教えるための行動だということに気づく。
  • うまくいき過ぎていると思った
  • 刑事さんに食べてもらったら、あの蕎麦屋の味の窃盗犯だ!といいつつ、認めてもらえた。

Dr.コトー診療所 第1巻 分析

設定

主人公

動機(根本的な考え方)

自分が損をしても、多くの患者を幸せにしたい。

欲求(動機が元になって発生する行動や言動)

自分が医療ミスをしたと責任を問われるかもしれない状況であっても、 どんなに悪口を言われたり反対されても、相手を救う。

自分がどう思われるか、得をするか損をするかなんてどうでもいい。 自分が怪我をするかもしれないリスクを負ってでも、患者を助ける。

能力

医大でも有名だと言われた凄腕の外科医

  • 離島の診療所に、東京から来た凄腕の医者。
    • 凄腕なことが分かるシーン:船の上で手術をしてしまう

自己評価

非常に高い。 どんな難しい手術でも、自分から積極的に取り組む。

内容1 盲腸の子を船の上で手術した話

こちらは、『「物語」の作り方入門 7つのレッスン』を参考に分析。

セットアップパート(いつ、どこで、だれがを提示)

  • 現代
  • 離島
  • 医大で凄腕だった天才外科医

最初の事件(好奇心を刺激、読者がCQをぼんやり設定)

島まで乗せてもらった船の運転手(漁師)の息子が体調悪そうにしている

展開* 葛藤パート (主人公を阻む障害)

  • 成功指標: 体調が悪そうな漁師の息子を助けられるか。
  • 動機: みんなの病気を直したい
  • 障害: 島の住人たちから信頼されない

クライマックス直前(困難)

  • 漁師は、腕もわからない施設も足りない島で見てもらうなんて嫌
  • 主人公を振り切って6時間かけて本土まで輸送して手術してもらう

クライマックス

  • CQ:時間がないので船の鍵を海に投げ捨てたように見せかけて、船の上で息子の手術をする。

解決パート(気持ちをフォロー、ネタ解説)

  • 手術は成功して、息子は完治
  • 主人公を信じなかった漁師は、過去に島の診療所の医者の誤診で奥さんを亡くしていた。

内容2 大動脈瘤のおばあさんを診療所で手術した

最初の事件(好奇心を刺激、読者がCQをぼんやり設定)

おばあさんが血を吐いて倒れてしまった

展開* 葛藤パート (主人公を阻む障害)

  • 成功指標: 大動脈瘤のあるおばあちゃんを助けられるのか
  • 動機: みんなの病気を直したい
  • 障害:
    • 本土の病院で手術してもらえば治るのに、本土には行きたくない:島で手術
      • 過去に夫がガンのときに抗がん剤治療が辛そうだった
      • 寿命は2ヶ月と言われたが、島で療養したら1年位生きられた
      • 本土に行くくらいなら舌を噛んで死ぬと言われた。

クライマックス直前(困難)

* 手術に必要な血をもらおうとした:過去に助けた漁師が手伝ってくれた
    * 本土からは施設の少ない病院に血を渡すと責任問題になるから無理
    * 漁師にお願いしても、協力したくない

クライマックス

  • CQ:開腹と同時に瘤が破裂して大量出血したが手で抑えてなんとかした

解決パート(気持ちをフォロー、ネタ解説)

  • 手術は成功して、おばあちゃんは元気に。
  • 息子から感謝をされた

内容3 サーフィンに行って溺れた看護師を救えるのか

最初の事件(好奇心を刺激、読者がCQをぼんやり設定)

波の強い日にサーフィンに行った2人が溺れてしまう

展開* 葛藤パート (主人公を阻む障害)

  • 成功指標: サーフィンで溺れた人を助けられるのか
  • 動機: みんなの病気を直したい
  • 障害:
    • サーフィンに誘った若者が軽度のケガ

クライマックス直前(困難)

  • 若者が、溺れて1時間立っている看護師よりも自分の友人を先に見ろという

クライマックス

  • CQ:溺れて1時間も海の中に居た看護師を救えるのか?

静脈に生理食塩水を点滴しながら、繰り返し人工呼吸を繰り返す。 地味な作業だからか、過去に救えなかった患者の人呼吸シーンが主人公の脳裏によぎる。

解決パート(気持ちをフォロー、ネタ解説)

  • 蘇生して元気になりました
  • 1時間も海の中に居たけど助かったのは、低体温症で酸素があまり必要じゃなかったから

医療的なネタ解説は1ページで、ナレーションメイン。

内容4 島の診療所で早産の妊婦さんは助けられるのか

最初の事件(好奇心を刺激、読者がCQをぼんやり設定)

被害妄想を持っていて、周りで噂されて実家の近くをうろつくのが怖いと思う妊婦さんが登場。

展開* 葛藤パート (主人公を阻む障害)

  • 成功指標: 島で居所がない妊婦さんを助けられるのか
  • 動機: みんなの病気を直したい
  • 障害:
    • 結婚相手が母国の会社から呼ばれて、一人で生むことになってしまった

クライマックス直前(困難)

  • 妊娠中毒で、胎児を取り出さないと母体が危ない
  • 胎児を取り出すと未熟児で島の施設では生きられない可能性が高い
  • 母親からは、自分の体がどうなってもいいから子供を助けて欲しいと言われる

クライマックス

6ページ

  • CQ:妊婦さんと胎児の両方を助けられるのか?

帝王切開をしたら、子供が未熟児で呼吸も自分でできなかった。 綿棒とストローを使うことで、呼吸をさせることに成功したが、低血糖に。 ブドウ糖を点滴しようとしても、腕から静脈が見つけられない。 へその緒から、ブドウ糖を注入し、ペットボトルで酸素供給することで事なきを得る。

解決パート(気持ちをフォロー、ネタ解説)

  • 無事生まれた子供を見て、反対していた父親も可愛いと感じる。
  • 子供の父親がどんな人かわかる
  • どんな事情があって妊婦さんが一人で帰島したか分かる
  • 最後には、母国に帰った父親が尋ねてくる(最後1ページの2/3だけ登場)

表現方法の工夫

専門用語はあえて出しながら、下に説明を書くようにしている。

1つの大きな話が、2話55ページ程度で作られている。 * 治療シーン:10ページ程度(治療編の話が1話分、治療以外は人間ドラマ) * 前兆シーン:6ページ(連続ではない) * 最初:3ページ目くらいで2ページ * 診断シーン:3ページ