読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな分野の探し方

概要

多くの大学生の方々が、好きな分野を見つけられずに苦労していることをよく目にした。 少しでも好きな分野を見つけるお手伝いができたらと内容をまとめる。

内容

今までの体験をふりかえって好きなこと探す

今まで体験の中から楽しかったこと、自分から進んでやっていたことの共通点を探す。 同じことに取り組んでいても、どうして楽しいかは人によって違うはずである。 友達とみんなで協力していたことが良かったのか、試行錯誤して

ストレングスファインダーやキャリアアンカーを使うことで自分の特徴を知ることができる。 ストレングスファインダーは、以下の記事に好きな漫画の分野から好きなことを探しているので、 今回の内容を考える上でヒントになるのではないか。 ストレングスファインダーの学び方・身につけ方 その2 - 学んだことの記録

自分が気付かない切り口で抽象化することは難しい。 そこで、周りの人や他の分野での専門家に対して話しをしてみるのも良いだろう。 コーチのスキルを持っている人が、新しいことに気付かせてくれることもある。

新しいことを探す

今までの体験から、自分が向いていそうなものの特徴にあった情報を探す。 しかし、動機付けがされていない状態で新しいものを見てもハマらない場合もある。 どういうことかと言うと、興味が無かったものでも、マンガなどで読んだら 話にひかれてパンを焼くのが好きになったり、釣りをしたりする。 なので、やさしい内容、ハードルが低いマンガやドラマからみることをオススメする。

学校では歴史が大嫌いでも、大河ドラマや歴史マンガで歴史が好きになることもあるように。

自分だけ知らない分野を探すのは難しいので、他の分野の人に聞いてみるのも良いだろう。

新しいことを探すには、他の分野の勉強会に参加したり、書籍や論文を見たりするのも良い。 メディアを使って学ぶ方法はこちらが参考になる。調べる技術について学んだこと - 学んだことの記録

探し方としては、自分のやっているテーマを一段広く見る方法もある。 教育工学をやっているなら、少し広い分野である教育分野から教育心理学の分野を見るのも良いと思うし、 工学分野から機械学習の分野を見るのも良い。

やってみる

やってみなければ分からないことも多い。短い時間だけでも良いので仮説として考えたものは試してみると良い。 その分野を広く紹介している優しい本を読んでみて、興味があるかどうか見るだけでも良いのではないか。

できるだけフィルタをかけない

需要から選ばないように気を付ける。 すでに需要の多い仕事から選ぶと、需要が多いと気付いていないものが実はすごく役に立つものだと気付づけない。 なので、需要のある仕事につながるかどうかは一旦置いておいて、一度出しきってみることがのぞましい。 よくあるのが、自分の知っている仕事の中から消去法で考えているパターンである。 これは、後々後悔につながりやすい。

可視化する

好きな度合いも人によっては、レベルが違うはずだ。 自分は、プログラミングを知ったときは、とても好きなものだと感じた。 しかし、プログラミングの勉強よりも、ずっと熱心できる認知科学の分野をみつけた。

自分が好きだと思っていても、もっと好きだと思うものを探したい。

あとがき

年収1000万円から1億円を目指すための人生戦略 - ログミー こちらにもあるように、かけ算で自分に価値を付ける方法が紹介されている。 このように複数分野を使う場合に新しい分野を探すときにも、使えると考える。