Dr.コトー診療所 第1巻 分析

設定 主人公 動機(根本的な考え方) 自分が損をしても、多くの患者を幸せにしたい。 欲求(動機が元になって発生する行動や言動) 自分が医療ミスをしたと責任を問われるかもしれない状況であっても、 どんなに悪口を言われたり反対されても、相手を救う。 …

好きな漫画の主人公の分類をしてみた

好きな漫画に出てくる主人公には、どんな特徴があるのだろうと分類してみた。 知識が得られて面白いと思える作品については、すべての場合において天才型の主人公がいた。 少年漫画としては、ほとんどが最初から知識や技量があったわけではなく、 努力して成…

物語の効用を考える

物語には、いろいろな効果がある。 簡単に分けると、知識を身につけるか、行動させるか。 どちらか一方しか効用がないとは言わないが、どちらのほうが比重が大きいか個人的に分類してみた。 もちろん、対象となっている行動のコストの大きさも影響しているか…

解説漫画の質を上げるための方法を考える。

解説の方法で考える 解説の方法として、良いと感じたものをいくつか列挙する。 おいしんぼ ふぐの白子の会であれば、河豚の白子が食べられないというはじまりから、士郎と雄山が、どちらが良い代替品を持ってくるかという勝負にした。 そこにもっていきなが…

信頼されたときにやったこと

少し前に、信頼できると言ってもらえた。 そのときに何をやったか振り返る。 信頼の構造的に、信頼は人間性と能力の2つに分かれるが、ここでは人間性の部分を想定して考える。 一言で言うとひたすら対話した。 不安なことを列挙してもらい、その結果どんな…

知識を説明をしている漫画を調べてまとめてみる

ライアーゲーム。認知的不協和。 1ページで理論は全て説明している。一巻の中で説明は1つだけ。 背景で理論をイメージできる図を書きながら、吹き出しではなく文字をそのまま載せてナレーション気味に理論を説明している。読み飛ばしても問題ない。 もやし…

マーケティングについて勉強したこと

マーケティングについて勉強したこと、気づいたことをまとめる。マーケティングは、大多数に対する動機付けである。 ジャブ、フック、ストレート。 自分の商品に対して、小さく試して小さい効果を出すものと、大きく試して大きな効果を出す商品を考える。 自…

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 の1,2章メモ

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 の1,2章メモ https://www.amazon.co.jp/dp/4480059393 こちらの、書籍、「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 を読んだのでメモを残す。 わかるとは区別をすることだ。 象形文字は見ても覚えられないけど、…

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 の1,2章メモ

「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 の1,2章メモ https://www.amazon.co.jp/dp/4480059393 こちらの、書籍、「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学 を読んだのでメモを残す。 わかるとは区別をすることだ。 象形文字は見ても覚えられないけど、…

モチベーションを学ぶモチベーション

モチベーションを学ぶモチベーションは、どんなものがあるのか。 モチベーションが上がるとどうなるのか分かる エンゲージメントが向上する。 もう少し分解すると「楽しい!」と思う気持ちが高まったり、行動の量が増えたり、行動の質が高まります。 結果、…

有機的統合理論を現実社会に適応するために、考えたこと。

有機的統合理論は、モチベーションの自律度を4分類するものである。 これについて、理解を深めようと現実社会で起きること、考え方に対して適応するべく考えてたログを残す。もし詳しい人がいたら、以下の問いについて議論したい。 以下の問いを踏まえた上で…

マーケティングの考え方(集客エンジン、涙を流して喜ぶ人)を学んだこと

Wikipedia よりマーケティングの説明。 マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。 マーケ…

コンセプトの伝え方とポスター

ゲームの展示会に行って、起業のブースを見てきたら、プロモーションがとてもわかり易かったので、こちらで紹介。 とても短い言葉でゲームのコンセプトが分かるようになっている。 また、コトバグラムに関しては、「1万円貸して」と目立つように書かれていて…

Youtubeで再生数を稼いでいるノウハウ系の動画のサムネを調べてみた

ノウハウ系で再生数を稼いでいる動画は「何が得られるか」が明確に分かるものが多い。 「お困りごとから脱する方法」か「得る方法」のようなものが多い。 また、方法を教えるわけだが、サムネに結論を書いてしまう方法もあるようだ。 その場合は、おそらく「…

図書館に行って気づいたことメモ

図書館に行っていくつか考えたので、メモに残す。 再現する成功の法則を見つけるのは難しい やる気を引き出した例を探したくて、星野リゾートの例が載ってる本を見たが、経営の工夫とは多岐にわたるもので、それぞれの本で星野さんの取り上げている工夫は違…

有機的統合理論を深める その1 同一化的調整ってどんなメカニズムよ

過去に、同一化的調整でモチベーションが高かったことが有るが、一気に急降下した経験を思い出した。 同一化的調整とは、どのようなときに発生して、どのようなときに低下するのか、考察してみる。 同一化的調整とは、自分の将来のためになるということだ。 …

勉強に対するモチベーションと代替物

モチベーションの強い弱いは、相対的に考える事で、更なる発展があるのではないかと検討してみる。 途上国の子供に関する話で、途上国の子供は学校に言って勉強したいのに、勉強できないんだよ。日本と違う貧しい人々を救おうという話を見ることがある。 こ…

面白いコンテンツとは、どんなものなのか。

モチベーションの理論から、興味とは程よいズレについて発生するようである。 知的好奇心について詳しく調べたいところだが、一旦は素朴理論として面白いと思ってもらえるコンテンツを作っている人から分析してみる。 偉人のノウハウ よっぴーさんによる記事…

教養としての認知科学 第5章まとめ

教養としての認知科学を読んだので、興味深かった5章をまとめる。 第5章では、思考のベーシックスということで、人間の思考と、バイアスについて扱う。 思考 思考には、推論、問題解決、意思決定がある。 推論 推論は、演繹、帰納、仮説推論の3つに分類され…

参加型の教材作りの段取り

参加型の教材を作ろうと思ったので、これまでの知識と合わせながら考える。 参加者 参加者のステータスを定義する。既存の知識は何が必要なのか。 どういった前提条件の人が参加するのか考える。 大きなゴールの設定 ゴールを決めるときには、理解できる・説…

経験学習サイクルをよりよくするための工夫

経験学習サイクルとは、次の4つのフェーズに分けて経験を整理する方法である。 具体的経験 内省的観察 具体的概念化 能動的実験 具体的経験として、思い出しやすくするためには、2つの方法がある。 具体的経験 具体的経験を思い出すために有効なのは、時系列…

モチベーション理論の分類。

モチベーションの理論は、3つの水準と、4つの要因で紹介できます。 3つの水準とは、状況毎に変化する水準である一時的な状態である状態レベル、分野ごとに安定する水準である領域レベル、状況や分野に依存しない個人の特性レベルの3つ。 4つの要因は、認知、…

モチベーションとは、何か。

モチベーション、や動機づけについて調べてみると、多くの文献で同様のことが書かれていた。 以下の要素が含まれることが、必須のようである。 * 行動を引き起こす * 持続する * 方向付けする この方向づける、一定の方向に導くという表現が少し分かりづらい…

やる気を出したい場面調査にメカニズムと対策を添えて

ヤフー知恵袋を調べてみて、やる気に関する直近40件くらいのお悩み相談を分類してみました。 人のやる気を出したいという意見もありましたが、今回は、自分のやる気が出ないというお悩みを。 一番大きく分類しやすいように感じたのは、「やらないといけない…

セルフ・コントロールの心理学の第一章まとめ

セルフ・コントロールの心理学を勉強したので、1章のまとめを紹介する。 セルフ・コントロールと行動分析 セルフ・コントロールは、行動分析学だと、欲望の制御や、満足の遅延という意味で使われている。 健康心理学の分野だと、自己調節や自己管理という用…

内発的動機づけと自律的動機づけ 第一部まとめ

速水 敏彦先生の内発的動機づけと自律的動機づけ: 教育心理学の神話を問い直すを読んだので、サマリと自分の考えを簡単に残す。 1章 学習動機づけを考える 1−1 内発的動機づけを大事にしましょうって教育が始まったけど、学習成果が一気に向上したわけでもな…

モティベーションの12の理論 2章まとめ

サマリ 認知的評価理論 環境要因の内発的動機への影響(ご褒美で釣ることで、内発的動機が低下する) 有機的統合理論 外発的動機づけは、自律度に応じて4段階に分割できて、一番自律的なのは憧れで、非自律的なのはご褒美 ## 因果志向性理論 個人の特性とし…

モチベーションの12の理論 1章まとめ

興味は次の要素からおきる 知識量 ポジティブな感情 価値の認識 興味が強ければ強いほどその分野で有能 認知標準そのズレが興味を起こし学習で埋める 大きすぎると回避する 小さすぎると刺激が足りない 内発的動機づけは高いパフォーマンスを発揮 質の高い課…

信頼の構造 5章 まとめ

信頼の構造を勉強しているので、読んだ5章の内容を簡単にまとめる。 実験のやり方に関する主張 社会科学の分野で、文化による違いの実験をすることが多いが、アメリカと日本で比較実験をするのではなく、実験に差異をもたらす要因を実験者ごとに排除すればい…

どういう人を人間的に信頼すればいいのか

概要 知人から次のような相談をされた。 「どういう人を人間的に信頼すればいいのか」 この問題を考えたとき、ケースによって違うため、 いくつかのケースによって考える。 詳細 ケース分析 ソフトウェア発注 ソフトウェア発注において、人間的に信頼できな…